045-534-8199
045-534-8199

更新情報

更新情報

遺言として効力のあるものは?(身分事項①)

2012年4月16日 18:45|相続遺言相談堂

「遺言」は、亡くなった人の最期の意思を示すものですので、その内容は最大限に尊重されるべきです。しかしだからといって、なんでも遺言で決めることができるわけではありません。
法律的に拘束力をもつ遺言事項は、あらかじめ民法で定められています。 

身分に関する事項として、「婚姻関係にない男女の間に生まれた子の認知」があります。この子の事を「非嫡出子(ひちゃくしゅつし)」といいます。
反対に、正式な婚姻の間に生まれた子を「嫡出子(ちゃくしゅつし)」といいます。

認知をすることによって、非嫡出子に相続権が生まれます。ただし、非嫡出子の相続分は、嫡出子の2分の1となります。 

関連記事

トラックバック(0)

トラックバック URL: http://www.hosakazu2.com/mt/mt-tb.cgi/201

コメントする

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
【横浜】相続遺言相談堂
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町
3-31-1 鶴屋町ビル502B号室
(横浜法務会計事務所内)
TEL:045-534-8199
主要地域:横浜市、川崎市
詳細地域はこちら
エンディングノート
PAGE TOP