045-534-8199
045-534-8199

更新情報

更新情報

遺言を残した方がよいケース③

2012年3月28日 21:25|相続遺言相談堂

【スムーズに家業継承を行いたい場合】
商店、個人企業、農業を営んでいて、後継者にしたい人がいる場合は、遺言書で後継者を指定しておくとよいでしょう。 

遺言がなく、遺産分割協議が行われることによって、経営の基盤となる土地や店舗、社屋、工場、株、農地などが分割されてしまい、経営を続けていくことが困難になってしまうこともあります。
経営にかかわる財産は、遺言で後継者としたい人に一括して残すようにしておけば、こうした心配もなくなります。
後継者にならないその他の相続人には、経営に関係しない財産を残し、さらに「何故そのような遺言を残したのか」という理由を付言事項で書いておけば、トラブルも起こりにくいと思います。
 

関連記事

トラックバック(0)

トラックバック URL: http://www.hosakazu2.com/mt/mt-tb.cgi/197

コメントする

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
【横浜】相続遺言相談堂
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町
3-31-1 鶴屋町ビル502B号室
(横浜法務会計事務所内)
TEL:045-534-8199
主要地域:横浜市、川崎市
詳細地域はこちら
エンディングノート
PAGE TOP