045-534-8199
045-534-8199

更新情報

更新情報

配偶者の死後、相手方の家族と縁を切りたい

2012年2月15日 14:26|相続遺言相談堂

配偶者の親族の事を、「姻族」といいます。結婚をすると、配偶者の親や兄弟姉妹などと「姻族関係」が生じます。そして、この姻族関係は離婚をすると解消されるのですが、配偶者が亡くなった場合には、そのまま残ります。
ですので、姻族関係の一切を終了するためには「姻族関係終了届」を提出する必要があります。
また、姻族関係が終了しても姓や戸籍は元のまま残りますので、姓も変え、戸籍も抜くのであれば「復氏届」も提出する必要があります。 

姻族関係を終了させるかどうかは、本人の自由な意思に委ねられています。姻族の同意は全く必要ありません。家庭裁判所に申し立てる必要もなく、役所に届けるだけです。
「姻族関係終了届」と「復氏届」が受理されると、姓と戸籍は結婚前のものに戻ります。亡くなった配偶者との親族とは、法的には一切の縁が切れ、結婚前と同じ状態になります。 
なお、親が姻族関係を終了させたとしても、子と亡くなった親の親族との関係はそのまま継続します。
例えば、亡くなった親の両親(子から見た祖父母)が亡くなった場合、子は法定相続人となるのです。 

関連記事

トラックバック(0)

トラックバック URL: http://www.hosakazu2.com/mt/mt-tb.cgi/191

コメントする

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
【横浜】相続遺言相談堂
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町
3-31-1 鶴屋町ビル502B号室
(横浜法務会計事務所内)
TEL:045-534-8199
主要地域:横浜市、川崎市
詳細地域はこちら
エンディングノート
PAGE TOP