045-534-8199
045-534-8199

更新情報

更新情報

新しい世帯主は「生計維持者」

2012年1月 6日 11:28|相続遺言相談堂

世帯主が亡くなった後、新しい世帯主に誰がなるのか?
それは、「その世帯の生計を維持している人」がなります。

例えば、配偶者である夫が亡くなった後、長男の収入によってその家の生計が維持されている場合、世帯主は母親ではなく長男がなります。世帯の構成員については、この場合「本人、母、妹」というように、それぞれ世帯主から見た続柄と名前が記載されます。
なお、世帯主が亡くなっても、その世帯には世帯員が一人しかいない場合や、二人以上いる場合でも母親と小学生の子供だけというように、新しく世帯主となる人が明らかな場合は、世帯主変更届を提出する必要はありません。 

関連記事

トラックバック(0)

トラックバック URL: http://www.hosakazu2.com/mt/mt-tb.cgi/185

コメントする

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
【横浜】相続遺言相談堂
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町
3-31-1 鶴屋町ビル502B号室
(横浜法務会計事務所内)
TEL:045-534-8199
主要地域:横浜市、川崎市
詳細地域はこちら
エンディングノート
PAGE TOP