045-534-8199
045-534-8199

更新情報

更新情報

「相続」において行政書士は何ができるのか?

2011年11月24日 17:53|相続遺言相談堂

「身内で相続が発生したが進め方がわからない」「財産の名義変更ってどうやってやればいいの」という声をよく聞きます。

「相続手続き」は、一生のうちに何度も経験するものではありません。もちろん、過去に経験されたことがある方もいらっしゃると思いますが、決して慣れるものではありません。

そこで、 「どんな専門家に相談したらよいか」ということですが・・・

 

私は、「行政書士」が適切であろうと考えます。

確かに、弁護士・税理士・司法書士・行政書士など、相続に関する専門家はたくさんいます。しかし、相続税が発生したり、遺産争いで裁判沙汰になったりするケースは、そんなに多くないのが現状です。行政書士が関われる範囲内で、すべてが無事に完了することがほとんどです。

行政書士は「相続に関する書類の作成と相談」を業務として行うことができます。具体的には、

●公正証書遺言・自筆証書遺言作成支援
●遺産分割協議書・財産目録の作成
●相続人の調査(戸籍や除籍の収集)
●遺言の執行等

です。ぜひ「相続相談の入口」として、行政書士を活用してしてください。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバック URL: http://www.hosakazu2.com/mt/mt-tb.cgi/173

コメントする

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
【横浜】相続遺言相談堂
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町
3-31-1 鶴屋町ビル502B号室
(横浜法務会計事務所内)
TEL:045-534-8199
主要地域:横浜市、川崎市
詳細地域はこちら
エンディングノート
PAGE TOP