045-534-8199
045-534-8199

更新情報

更新情報

預貯金の名義変更(死亡後の流れ⑦)

2011年10月12日 10:35|相続遺言相談堂

銀行、郵便局など金融機関では、預金者の死亡がわかったり、遺族から届け出があったりすると、その時点で口座を閉鎖、凍結します。
もっとも、銀行等が死亡を把握していなければ、死亡後に遺族によって、預金の引き出しが行われる場合もあります。しかし、このような行為は、あとあと遺産分割協議の場においてもめごとのもとになりますので慎んでください。   

それでは、どのようにして預貯金の名義を変えるのでしょうか?
亡くなった方の一生分の戸籍・除籍謄本、法定相続人全員の戸籍謄本や実印、印鑑証明書、遺産分割協議書などを揃えたうえで手続きを取れば、名義を変更することができます。
ただし、金融機関によって必要書類が異なるケースがありますのでご注意ください。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバック URL: http://www.hosakazu2.com/mt/mt-tb.cgi/163

コメントする

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
【横浜】相続遺言相談堂
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町
3-31-1 鶴屋町ビル502B号室
(横浜法務会計事務所内)
TEL:045-534-8199
主要地域:横浜市、川崎市
詳細地域はこちら
エンディングノート
PAGE TOP