045-534-8199
045-534-8199

更新情報

更新情報

遺言書にのっている財産が無くなっている

2011年6月10日 12:00|相続遺言相談堂

遺言書に「○○に××の土地を与える」と書いてあるのに、相続開始時点では、その土地は既に遺言書を書いた人のものではなかったということがあります。つまり生前に、何らかの形で処分をしてしまったわけです。自分の財産ですから、生前にどのように使っても良いわけです。

このような場合、遺言書のその土地の部分については生前処分による遺言の取り消しがあったこととなり、最初からなかったこととなります。
なお、その土地をもらえる予定だった人が、代わりに他の財産を寄こせと請求することはできません。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバック URL: http://www.hosakazu2.com/mt/mt-tb.cgi/123

コメントする

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
【横浜】相続遺言相談堂
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町
3-31-1 鶴屋町ビル502B号室
(横浜法務会計事務所内)
TEL:045-534-8199
主要地域:横浜市、川崎市
詳細地域はこちら
エンディングノート
PAGE TOP