045-534-8199
045-534-8199

更新情報

更新情報

相続人の中に未成年者がいる場合の遺産分割方法

2011年1月31日 15:15|相続遺言相談堂

相続人の中に「未成年者」がいる場合、原則はその親権者(父母)が未成年者の代理人となって遺産分割協議に参加します。

しかし、その親権者も「相続人」である場合には、未成年者の代理人になることができません。なぜなら、親権者と未成年者の両方が相続人の場合、お互いの利益が相反することになり、親権者が公正な立場で未成年者を代理することができなくなるからです。
そのようなときは、親権者は家庭裁判所に申立てをし、未成年者のために「特別代理人を」選びます。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバック URL: http://www.hosakazu2.com/mt/mt-tb.cgi/69

コメントする

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
【横浜】相続遺言相談堂
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町
3-31-1 鶴屋町ビル502B号室
(横浜法務会計事務所内)
TEL:045-534-8199
主要地域:横浜市、川崎市
詳細地域はこちら
エンディングノート
PAGE TOP